キラキラとした何か

すべてが夢でも

2019/01/27から、

10日ほど経ちました。

 

毎日少しずつ書いて、やっとまとまって書けるようになったので。

1月27日から、

あったこと思ったことブワァーーします。

いつにも増してまとまりのないひっどいバカなオタクの独り言です。

気分を害されたらすみません。

 

2019/01/27  17時過ぎごろ

別室にいた母が酷く焦って私のところへきた、それが第一報。

 

5人が発表したコメント。

そして動画。

頭はパニックで真っ白で、なのに文字や動画の言葉がすごい速さで頭に入ってきて、冷静に事態を飲み込んでいる自分がいて、大野さんが一度立ち止まりたいと、そして嵐としては活動休止というところに五人が結論を出したと知って、文字を読みながら泣いていました。

まずは突然のことに戸惑いと、自分の大好きな人がどんな葛藤の末であれ「自分は嵐としての活動を終えたい」と一度は意思を固めたことに、あんなに張り詰めた顔をして話す大好きな人をみて、正直ショックでした。

ショックというより瞬時に大野さんが誰かから悪く言われる標的になるのではという心配が強かったのかもしれない。

 

ここ何年かジャニーズ内で他のグループのいろいろな決断を見てきたし、そのファンの人たちの姿も見て来た。

嵐も2020年に解散⁈とか結婚⁈なんて勝手に騒がれていたのもあってなんとなくだけど心づもりもしてたつもりだった。

多少は冷静にいられると思っていた。

だけどやっぱりこんな突然現実を突きつけられたら人間どうしようもなくなるんだなって。ただ涙が止まらなくて。

でもその時点では詳しいことも分からなくて。

私は18時から予定があったのでそこからはひたすら空元気で乗り切って、家に帰ってからMr.サンデーで嵐5人の会見の様子をみて。

ただ呆然とみることしかできなくて。

でもみてたら悲しくて仕方ないのに本当にこの人たちすごいなぁって、なんとなくそう思いました。

こんな活動休止の会見見たことない。

会見にしてはラフな格好、一見後ろ向きとも思える出来事なのにいつもの嵐みたいに和やかで時には笑顔もみせて、記者の人(一部を除く)も本人たちもとても言葉をよく選んで話していて、本人たちは晴れ晴れとして迷いもなくて前を向いていた。

私の頭の中はぐちゃぐちゃで、言葉の1つ1つに泣くことしかできませんでした。

 

潤くん 解散ではないですとハッキリとすぐに言ってくれてありがとう

にのちゃん 大野さんを守ってくれてそしてファンにも向き合うと言ってくれてありがとう

相葉くん 5人の嵐を続けようとしてくれたこと、仲が悪くなってこうなったのではないときちんと言葉にしてくれてありがとう

翔さん フォローするからと嵐を、大野さんを、先陣きって冷静に守ってくれて、こんな時なのにメンバーもファンもまとめてくれてありがとう

 

活動休止を発表して数時間後に5人揃っての会見、ファンや関係者や色々な人たちに自分たちの言葉で一番最初に届けようとしてくれていることのあらわれだと思う。

そのあとのニュースやワイドショーに携わる事務所の人々への気遣いも、翌日翔くんが直接話したzeroだって、30日のenjoyだって、この人たちどこまで完璧なんだろうと。

 

でも嵐さんが完璧であればあるほど、心境は複雑だった。

こんなの見せられたら文句言うのも、嫌だって言うのも、自分も嫌な気持ちになるし周りにも応援してあげなよって言われると思う。

 

会見の翌日は朝から晩までずーっと嵐だった。

どこのワイドショーをつけても会見の映像か各局の秘蔵映像だとかライブ映像だとか世間の反応だとか。

私はみてられなくて、翔くんのzero以外は、二日くらいなるべく嵐を切り離して過ごした。

私自身が現実を受け入れられなくて見れないのももちろんだけど、なにより会見の大野さんの様子を見ているのが一番辛かった。

終始「申し訳ない」と言い、緊張した顔をしていた。そんな顔をみていられなかった。

 

水曜は友人に誘ってもらった映画の試写会があったので東京に。意外と楽しめている自分がいた。

木曜のVS嵐はなんとかみることができた。

金曜のMステ、発表後の生出演、なんとかみた。

でも本人たちの表情をみていたらもはや泣くことすらできなかった。

みんなが感動したとか言ってるのに、私はできなかった。

大野さんの表情が会見の時のそれに似ていたから。堅く緊張してていつもみたいにふにゃふにゃ笑ってなくて。

他のメンバーも目をウルウルさせて、

5人でいつも以上にくっついて、

心配だったし、辛かった。

ここから何もかも終わっていくんだって。

 

立ち止まる理由を「縛られない自由な生活をしてみたい」からだと彼は言った。

彼は昔から「辞めたい」と言っていた、何度かそう思っていたと言っていた。

それは今後辞めることへの逆接だと思ってた。もう辞めるつもりはないよってことだと思ってた。

 

「2015年頃から」考えていたと言った。

申し訳ないが、ハワイよりも例の出来事しか考えつかなかった。

今はまた絵を描いていると言っていたが、いつだったか、ここ2年くらいはまともに絵が描けてないと言っていてあれ以降なのかなって思ったことがあった。

 

それ以外にも今思えばあの時のあれはそういうことだったのかなってことは多々ある。全部後付けでしかないけど。

 

私は、私たちファンは、嵐は、彼を縛っていたのだろうか、自由な生活と嵐としての生活を天秤にかけるほど彼は自由を渇望していたのかと。

嵐のファンだとしても他の4人のファンの人は、大野さんをどう思うだろうかと。

ここから2020年12月31日までの姿をみて、終わりを感じながらどんな風に過ごせばいいのか、5人と笑って楽しく過ごせるのかと。

その先、何年待つかわからないもしかしたら二度とみられないかもしれないその5人の姿を、彼の姿を、待っていれるのかと。

あの日あの瞬間から思い続けている。

そしてそんなことを考えても何にもいいことは無いのに考えてしまう自分がとてつもなく嫌になる。

その繰り返し。

 

もちろん本人たちの言葉を信じて待ち続けるつもりではいる。

不安を少しでも減らせるように嵐さんが誠心誠意努力していることもわかってる。

でも本人たちにも私たちにもこの先どうなるかなんてその時の言葉だけで分かるものじゃないってことくらい知ってる。

 

 

これだけだらだらと書いたけど、多分まだまだ私は向き合えてないみたいです。

今はまだ楽しくいけません。ごめんなさい。

いつか笑って話せる日が、応援できる日が、背中を押せる日が、笑顔で待っていられる日が、おかえりと言える日が、来ることを願っています。

 

残りの時間、一緒に楽しく走り切れますように。

 

これからも5人が健康で幸せでありますように。

 

 

大野智さん、大好きです。

 

 

 

 

来たれ37歳!!

どうも。

 

私です。

(気づいたら年明けてました。明けましておめでとうございます。)

 

櫻井翔くん、お誕生日おめでとうございます!

 

f:id:ykmgm_g:20190124234451j:image

 

生まれてきてくれてありがとうございます。そして、お母さんいつも産んでくれてありがとうございます☺︎(笑)

 

私は彼の紡ぐ言葉が好きです。

今や“ サクラップ ”とカテゴライズされ多くの人に認められる彼がしたためたリリックも、

Johnny's web内の「オトノハ」で書いてくれる文章も、

コンサートで上から下まで隅から隅のすべてのファンに向けて噛み締めながら話してくれる言葉も、

どこまでもまっすぐに、時には誤解も恐れずに、ファンが欲しい言葉を、素敵なエピソードを、いつもたくさん話してくれるのは翔さんだと思う。

 

周りをよく観察していてサッと気を使えるところも、メンバーを温かい目で優しく見守る姿も、

「嵐はこの5人」ということに誇りを持っていてくれることも、それを明確にファンに伝えてくれるところも、

本当に計り知れないくらい勉強をしていて果てしなく教養があるところも、

本当に尊敬しかないです。

 

嵐さんの中では仕切ったりするリーダータイプなのに、大野さんをリーダーとして尊敬し立てているところも好きだし

たまにど天然だったり口いっぱいもぐもぐしてるのも可愛いし

謙虚だけど強気で物凄く努力家で負けず嫌いなところもゾクゾクするし

大好きです。

 

そして、1/15付の「オトノハ」読みました。

本当にすごいよ、この人は。

上にも書いたけど、どこまでまっすぐ言葉を伝えてくれる人なんだろう。

もちろん嵐が嵐ファンのことを大切に思ってくれているのは知っているしたくさん言葉も想いも愛ももらっているけど、

日本中の、世界中の、“櫻井翔のファン”がとってもとっても羨ましいなって、そんな所信表明でした。

 

初めて入ったドームの天井席、5人の姿は小さくてあまり見えないながらも「上の方ー!」と叫んでくれたあなたの声が、

ほんっとうに幸運にも入れた端っこの席、思いっきり手を振ってくれたあなたの姿が、

嬉しくてたまらなかったのは今も昨日のことのように覚えています。

私に言葉の大切さや、こういった場所で文章を書くきっかけをくれたのはきっと翔さんです。

 

翔さんみたいに巧く言葉は伝えられない私ですが、ここから翔さんの幸せを祈って。

 

f:id:ykmgm_g:20190125011655j:image

 

ではでは。

 

2019年1月25日

もぐ

 

2018年映画まとめ

はいどうも、もぐです。

 

8時だJ、リアルタイムで見てない世代+大野さんは当時出てない組だったのですがエモエモだったし大野さんの優しい顔や大倉くんとのわちゃわちゃもみれてみんなのJr.時代のお話なんかもきけて本当に最高でした( ;  ; )

 

本題に入りますが、2018年ももう終わり!ということで、去年に引き続き、映画館でみた映画の感想まとめです☺︎

 

以下、内容のネタバレも含みますのでご注意ください⚠️

 

f:id:ykmgm_g:20180329225435j:image

2回観ました☺︎

ある日、5年間同棲していた恋人が病に倒れたことによって、恋人は素性知らずだったことが分かる。主人公(長澤まさみさん)がその恋人(一生さん)の正体を探していくストーリでした。

1回目(小説未読)→小説読→2回目 でみました。

小説が原作ではないのですが、映画と小説は少し違っていて読んでから観るのも面白かったです。

正直、話は分かるんだけど、着地がふんわりしてるように感じて私はスッキリしませんでした。少し《?》という感じ。ここは映画の部分、ここは小説の要素があるといいなって思いました。うーん。あと個人的に主人公が好きになれない。うーん。

回想の2人がふっつうのカップルしているのが最高オブ最高でした。特にオープニング前の酔った由加利を桔平が介抱してるのが好き。

あと桔平の過去の一連のシーンの一生さんがすんごい好き。暗い話なんですけど、そういうの好きなもんで。(笑)

 

f:id:ykmgm_g:20180329230832j:image

観る前から色々なところで流れてる曲が耳に残るな〜って思っていたら、ラ・ラ・ランドと同じ人たちだった…そりゃ耳に残るわけだめっちゃ好き( ◜ω◝ )♡

ララランドもそうだったんだけど、私の中ではストーリー<歌パート、ミュージカルでしたね。内容に関しては薄いかな〜…もう少し丁寧に描いて欲しかったな〜と。

「This is Me」のキアラ・セトルさんのかっこよさ!「Rewrite The Stars」のシーンも綺麗ですんばらしかったです!!

 

 

f:id:ykmgm_g:20180329230847j:image

2回観ました☺︎(ビジュアルパンフはもれなく買えなかったけどね!!クソ!!)

13年間消息不明だった父の死後、葬式の参列者たちを通して父親の姿を知っていく、放送作家 はしもとこうじさんの実話を基にした話でした。

基本は一生さん演じる主人公 コウジの過去13年の回想などが中心なんですが、きっとコウジ、兄、母、そして父それぞれの13年があったのだろうなと思わせる映画でした。

特に母親役の神野三鈴さんがとっても好きでした。ギャンブル漬けだった夫が借金を残して失踪し女手一つで息子2人を育ててきた。恨んでもおかしくないのに結婚指輪はしているし、葬儀には出ていなかったけど喪服を着たり、タバコを吸ったり、上手く言葉にはできないけどきっと愛していたんだろうな。

色々伏線と思わせるものがあったり、アドリブだったという葬儀シーンもシュールで面白かったです。

でも参列者のクセが強すぎて父親の人柄の説得力が弱かったかなぁ…。

 

 

  • 空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎

f:id:ykmgm_g:20180329230931j:image

吹き替えでみました!予告を見てすこし不安だったんですけど、思っていた以上に一生さんの声が白楽天だったのでよかった!(笑)

ホラーってほどではないんですけど、急に猫がシャーッてなったり急に大きな音がなるのでちょっとびっくりしました。

空海と白楽天楊貴妃や王朝にまつわる謎を解いていく話です。

歴史に詳しくなくても観れたけどきっと少しでも時代や人物のことを勉強して観ると楽しめるのかなと思います。

全然関係ないけど、阿部寛阿倍仲麻呂役ってめっちゃ面白いね。(バカ丸出し)

 

 

f:id:ykmgm_g:20180512235706j:image

なんで初日舞台挨拶の中継上映なかったの??????

翔さんの役どころは目立つ主役!というより抑えて引き立たせるような印象でした。好き。()

すずちゃんとトヨエツさんがよかった!

最後の廃墟でのシーンの才生(トヨエツさん)が狂っていくときのカメラワーク(ズーム!ズーム!みたいなやつ伝われ)が結構面白かったです。

とにかくビジュアル、話し方など好みどストライクな翔さんばかりでかっこよかった〜🤦‍♀️

話はわかるけどちょっと混乱するところもあって、これは原作先に読んでから観てもよかったかなと。

 

 

f:id:ykmgm_g:20180617030100j:image

(全っ然関係ないんですけど、このポスターの寺脇さんと顕嵐くんがからひょっこりしてるのと、小池栄子さんがからひょっこりしてるのめっちゃ好きです

私事ですが、有難い事に6/16(土)の公開記念舞台挨拶に行かせていただいて。

めっちゃ!長瀬くんデカイ!オデン様すらっとしてる!一生さんイケメン!顕嵐くんカワイイ!(;_;)ってなりました(語彙力)

 

タイヤの脱輪によって起きた死亡事故の原因が運送会社の整備不良だと疑われ、トラックの製造会社や世間と闘うことになる運送会社の2代目社長が長瀬くん、そのトラックの製造会社でリコール隠しを暴こうとするのがディーンさん、リコール隠し疑惑を知るトラック製造会社の系列銀行の銀行マンが一生さん。

それぞれがリコール隠しという真実に立ち向かって行くというストーリー。

3人が協力して、というよりはそれぞれがそれぞれのアプローチで真実に近づいていったり闘うという印象でした。メインは長瀬くんなんだけど、群像劇に近いかも(?)

阿部顕嵐くんはお名前は知っていたんですが、お芝居も、きちんとご本人をみるのも初めてだったのですが、ヤンチャな見た目ゆえに周りに認めてもらえなかった孤独な雰囲気が出ていて、いい役でした!

一生さんが舞台挨拶でも言っていましたが、それぞれの正義と悪がある話でした。完璧な勧善懲悪ではない、そんな気がしました。

観た人は知っていると思うんですけど、驚くほど一生さん出てこない!()

なんで3番手に名前あるの?レベルで出てこなかった( ˘ω˘ )

でも、最後に栄子さんとのやりとりでふふってはにかむのがけしからんかったです。ふざけるなもっとやれ。()

 

 

f:id:ykmgm_g:20180906013523j:image

公開前からめちゃめちゃ話題だった木村拓哉 VS 二宮和也。本当にこの2人が凄かった。

キムタク先輩演じるエリート検事の最上とにの演じる新人検事の沖野、2人の検事がそれぞれの正義を貫くという話なんですが、(正義と言っていいものか、というところもありますが。)作品のテイストもストーリー含め大人っぽいなぁって思いながら見てました。

最上は木村くんの真面目な感じが凄く出ていて、でも人を殺めてしまって怯える表情が私の今までの木村拓哉のイメージと違って、うまく言えないんですけど人間味のある演技でした!

二宮くんの沖野ももちろんですが、中でもやっぱり松倉役の酒向芳さんの怪演が素晴らしかったです。

2人の取り調べシーンは鳥肌立ちっぱなしでした。

 

 

f:id:ykmgm_g:20181028030701j:image

佐藤健さん演じる兄の借金を肩代わりしながら暮らす主人公 一男が宝くじで手に入れた3億円を大学時代の親友で企業社長である、一生さん演じる九十九に持ち逃げされてしまうところから話が始まります。

持ち逃げされた3億円、九十九を探して行く中でさまざまな人のお金の価値観に触れ、一男がお金とは、その価値とは、本当に大切なこととは、を見つけて行くストーリーでした。

私はこれってただお金では価値が測れない、お金より大切なものがあるということだけではなくてお金はやっぱり必要だということも示しているような気がして。

お金や欲に支配されているのではなく、使いこなしたりとらわれすぎないことが大事なんだと思いました。

そして映画の中でも言われているように「お金の価値は人によって変わる」というのはすごくよくわかりました。

自分にとっては高いなと感じる値段もひょっとしたら他人には安く思えるものかもしれない。とか、同じ1万円でも貴重で大切に思う人もいれば、紙切れ同然に扱う人もいる。とか。

そして、一男と九十九は大学時代、落研で同期だったという設定なのですが、2人の落語シーンとっても素敵でした!ぜひフルで観たい。

作中で出てくる「芝浜」と「死神」。私が無知で恥ずかしいのですが、初耳で。映画を観た後すぐに聴いたのですが、納得です。凄くこのストーリーの鍵になってました。

ポスタービジュアルの一生さんが大学時代の九十九なんですけど、昔の一生さんじゃないか?!ってくらい若返ってて初めて見たときは震えました(笑)

そして作中、九十九は昔から変わらずピュアで本質を理解する力がある人間として描かれているように感じたのですが、バイカムという会社を背負ったことで孤独でどこか消えてしまいそうな儚さあって、ビジュアルに相まって好きが溢れました(笑)

北村一輝さん、藤原竜也さんはまさに怪演…!観終わった後もクセが強えです(CV.千鳥ノブ)

実は正直一回みれば満足かなぁ〜なんて思いながらみてしまって、でも映像も特にモロッコの映像が綺麗で話も結構好きで(なんといっても九十九が好き)、でも時間が合わずに観にいけなかったので早く!円盤を!!お願いします(;_;)!!!!!!

 

 

以上!8作品を今年は映画館でみました!

去年の記事見たら去年とみた作品数が同じでした!健闘!(笑)

ボヘミアンラプソディーとか人魚の眠る家コーヒーが冷めないうちにとかみたいなぁと思いながらもみれなかった映画もたくさんあるので、少し残念。

来年も有難いことに好きな人が出る映画の公開も決まっているので、その映画もみつつ、他の映画も観に行けたらなと思います!

 

年内に振り返りの記事書けるかな〜〜!(; ◜◡◝ )

ではでは!

 

 

 

 

スーパー相ドル!

はいどうも、もぐです。

 

相葉雅紀くん、お誕生日おめでとうございます!

 

f:id:ykmgm_g:20181224000145j:image

 

私は12月24日は、クリスマスイヴ「じゃなくて」真っ先に相葉くんのお誕生日だ!と思っていて、嵐さんや嵐のファンの皆さんと同じようにその感覚を持っていられるのってなんだか温かい気持ちになるなぁと毎年思います。

 

ラジオではリスナーに向けてひとつひとつ言葉を選んで話してくれているのが伝わるし、志村どうぶつ園のトリマー企画ではトリマーの方が褒めるような技術を習得したり、相葉マナブではたくさんのところにロケに行ったりプロの方も驚くようなスキルアップもたくさんしててでもすごく謙虚な姿勢はテレビ越しに伝わってて、本当はとっても忙しくて大変なはずなのに、どこでもそんなことを微塵も感じさせないプロフェッショナルなところがまさに“スーパーアイドル”だと思います。

相葉くんの行動、言葉、そのすべてが気遣いや優しさで溢れていて尊敬しかありません。

どんな場も和ませてくれるけど、それは相葉くんが周りをよくみていてとても気を遣えるからだと思います。

大野さんがいつかのインタビューで相葉くんは大変な時に何か言うわけでもなく隣にいてくれると語っていました。それが出来るのが相葉くんの良さなんだろうなぁ。

 

太陽のようなニコニコの笑顔も、

たまにみせる憂いのある大人の色気たっぷりな表情も、

手足がすらっと長くてスタイル抜群なところも、

みんなを包んで和ませてくれる優しさも、

努力をみせないとことんプロなところも、

全部大好きだし尊敬しています!

 

36歳も相葉くんにとって幸せなことがたくさんある充実した1年になりますように☺︎

 

f:id:ykmgm_g:20181224025538j:image

 

いつも大野さんとふわふわしてくれて、スイーツ部とマッスル部してくれて、そしてお写真や大ちゃんレポしてくれてありがとう♡

忙しい日々が続いているかと思いますが、お身体ご自愛ください。

ではでは。

 

 

 

 

2018/12/09

はいどうも、もぐです。

 

高橋一生さん、38歳のお誕生日おめでとうございます!

 

37歳も映画やドラマ、その宣伝、CMなどたくさんの顔や姿をみせてくれて、たくさんの世界を教えてくれてありがとうございました!

どの作品もこの目で見ることができて幸せでした!

 

どんな役もそこに存在していて、愛していて、シリアスで憂いのある表情をしたり、かと思えばあざとくお茶目な表情をしたり、インタビューとかをみていてもお芝居をすることが本当に好きなんだなぁと思いました。

 

好奇心や探究心が旺盛でたくさんの知識がある博識なところも、

マスコットを雑に扱ったり(笑)、オフショットとかで1人だけおふざけポーズや変顔をしたり、バラエティーで表情豊かなところやお茶目なところも、

ファンが喜ぶことをやっちゃうあざといところも、

ちょっぴり(?)偏屈なところも、

ひたすらお芝居が好きなところや自分の演じる役を一番好きでいるところも、

みていたらどれが本当の一生さんなのか分からなくなってしまうようなたくさんの表情を持ってて不思議な存在だけど、

全部が魅力的で大好きです。

 

38歳も、これからも、もっとたくさんの俳優 高橋一生が演じる作品をみていきたいです。どんな作品だって必ず観たいし目に焼き付けたいです。

 

f:id:ykmgm_g:20181209042045j:image

 

また1年たくさんの一生さんがみられますように。

健康で幸せな一年になりますように。

 

ではでは。

 

 

 

 

2018/11/26

はいどうも、もぐです。

 

本日、2018/11/26は自担 大野智さんの38回目のお誕生日です!( ◜ω◝  )

本当に、本当に、おめでとうございます!!

大野さんのお母さん、いつも産んでくれてありがとうございます☺︎

そして生まれてきてくれてありがとうございます。

 

今年もこうやって大野さんのことを好きで、お誕生日をお祝いできるって幸せなことだなぁといつも思います。

 

どんなに他の人をみたって、好きになったって、かっこいいな可愛いなって思ったって、私の根っこの基本のところにはいつもずっと大野さんがいて、必ず目でも耳でも追ってしまうし、何を考えるにも私の中の一つの基準になってます。

大野さんを好きになって、本当にたくさんの世界をみせてもらったし、出会いもあったし、きっかけをもらいました。

 

私の心を掴んではなさい歌声も、

キラキラで軽やかなダンスや無駄のないターンも、

メンバーにも信頼される努力の人なのに、表にそれを出さないところも、

物凄く色々なものを背負って、トップに立って、なんでも出来ちゃう人なのに、チヤホヤされても、本人はとても謙虚に受け止めているところも、

現場の雰囲気を空気をすごく読み取って和ませたりするところも、

好きなことや興味のあることへ真っ直ぐ突き詰めるところも、

とてもピュアなところも、

綺麗な顔も、手も、

でも日焼けしすぎて真っ黒になっちゃうところも、

アイドルなのにすぐに変顔するところも、

んふふって鼻を触りながらフニャフニャに笑うところも、

挙げ出したらキリがないけど全部大好きで愛おしくてたまらないです。

 

最近、自分の周りの人にもうそんな年齢なの?!って言われるし(たまに結構おじさんだね!って言われるし)、なんであんなに黒いの?って言われるし、私自身もそう思うけど、でも絶対に離れられないんだよなぁ〜〜( ◜◡◝ )

 

38歳も大野さんにとって健康で怪我なく幸せな一年でありますように。

 

f:id:ykmgm_g:20181126040736j:image

 

“38歳はあまり黒くなりすぎず”、覚えたからネ!!!!!

 

“38歳も頑張ってネ❗️”

 

 

ではでは。

 

 

 

こんな日が来ることを3年前の私は知らない。【2018/10/04 VS嵐】

はいどうも、もぐです。

 

気づけば10月、日々好きな人たちの活躍に嬉々し、時に病んだり(笑)、私生活も若干ドタバタしつつ私自身も1つ歳をとったり、1ヶ月近く前に応募した嵐さんのライブ当落が来週に迫っている今日この頃です。

 

また!私の好きな人たちが!共演したんです!!!

 

前回空飛ぶタイヤの宣伝でしやがれに出演した時も激エモすぎて掛け持ち冥利に尽きたんですけど、

 

遂に高橋一生がお台場の壁登りました。

 

普段から山登りやボルダリングをする一生さんがいつかVS嵐のクリフクライムをする姿をみたいな〜〜!!!と、思っていました。

常々大野さんと一生さんがおんなじ日にクリフクライムしたら死ぬ!と言っている私は嵐チームが末ズで本当に命拾いした…(一生さんが予告の通り驚異のクライミングすぎて軽率に天に召されたオタク)

 

思えば3年前、高橋一生さんを応援し始めた時から、一生さんと大野さんや嵐さんの共演を夢見てきました。

作品が出るたびに今回こそは宣伝…!!と念じては予想を外してきたので、嵐にしやがれの時よりは2人が一緒に絡んだり、色々なお話をするということは無かったけど、今回のVS嵐での共演もとっっっっても嬉しかったです。

 

一生さんが本当に番組を楽しんでいて表情もコロッコロ変わってて嬉しかった…また出てほしいな…できれば今度はプラスワンで……(1人だけテンション高すぎて若干チームで浮いていた気がしたのは内緒)。

 

とりあえずホカホカした気持ちで、寝ます。

 

感無量すぎて纏まらない…!

大野さん黒すぎ…( ;  ; )

 

f:id:ykmgm_g:20181004234135j:image

 

ではでは。